2013年4月5日金曜日

ARM Cortex™-M なデバイスを異メーカーのライターで焼く、煮る。

今旬?なARM Cortex™-M で開発環境を構築をしていた所、面白い使い方が分かったのでご紹介。

マイコンとライターの関係は同一メーカーのものを使うのが一般的でAtmel社のAVRであればAVRISPmkII、Microchip社のPICであればPICkit2/3を使用するかと思います。
(互換や独自ライターは星の数ほどありますが・・・省略)

ARMなマイコンもNXPのLPCなデバイスであればLPC-Link、STのSTM32であればST-Linkとチップメーカーが出しているライターであれば問題なく焼いたりデバックしたりできます。

しかし、例外が・・・ARM社直系のKeilで作っているULINK2やUILNK-MEは多メーカーのデバイスに対応しているようです。
(その他にもCooCoxColinkも・・・)

UILNK-MEでLPC1114FN28/102で書き込みは問題なくできる。
コードぐちゃぐちゃw

ではメーカー直系のライターであるST-Linkで異メーカーのデバイスは使えないのかと・・・やってみました!

結果:できました。

MDK(Keil uVision4)からST-Link/V2を使用してLPC1114FN28/102へ書き込みデバックまで完璧に・・・
注意点としてはFlashのVerifyのチェックボックスを入れているとVerifiでエラーがでるので外せばOK?
この辺はゆきだるまの人こと@toyowata氏から教えていただいた方法で解決できるようです。
解決できたら教えてくださいw

実は事前にねむいさんのぶろぐの記事:LPC1114を使ってみる3でSTLink/V2からLPC1114へ書き込めることがOpenOCDとねむいさんの秘伝のコードで可能なことは分かっていたのですがOpen系のツールではないMDKでできるとは・・・さすがARM!

ねむいさんと同じ方法でSTM32*-Discoveryでも可能なことも確認しています。
USB経由で電源が取れるのでこちらの方が便利?

残念ながらST-Link/無印なSTM8*-Discoveryでは駄目なようです。
使えれば1000円でARM開発環境も夢じゃなかったのですが・・・

ついでに秋月で激安?なNGX製のCoLink互換でも
UILNK-MEはピン変換基板として利用中w
CoLinkは1番ピンに3.3Vが出ているので便利でもあり・・・注意しないと危険かも?

最安なARMマイコンであるLPC1114FN28/102を安価な開発環境で使いたい人は試してみる価値はあると思います。

2 件のコメント:

  1. 大変参考になりました。
    近く、Atmel coretex-m7CPUにてST-LINK/V2を接続できるか試してみます。
    http://www.geocities.jp/micro_diys/

    返信削除
  2. ST-Link/V2をつかって、Atmel StudioからATSAMD21 にブートローダを焼くことは可能でしょうか
    LPC-Link-2をつかって、Atmel StudioからATSAMD21 にブートローダを焼くことは可能でしょうか

    返信削除